« 12月のコンサートのお知らせ | トップページ | 「ピースな時間」でおいしいランチ »

2017年今年もお世話になりました。

早いもので今年もあと数時間で終わろうとしています。

大晦日の今日はとっても寒い一日でした。

毎年ですが、一年前のことがつい昨日のことに思われます。

それでも、今年はさまざまな体験をさせていただくことに恵まれました。

朗読や紙芝居とのコラボでのオリジナル作品や、フルート、ピアノ、ライアーによる作品も

製作させていただく機会に恵まれました。

そして、5月の「ウィーン、コンツェルトハウス」での演奏の機会をいただいたこと。

ここでのアンサンブルで出会えたライアー仲間との出会いはかけがえのないものでした。

貴重な機会を与えていただいた、ライアーの師匠小倉先生に感謝です!!

それと、震災直後から心に思っていた、熊本での演奏。

ここでもさまざまな方との出会い、そして、そこまで導いてくださった

ハートフルポートの五味さんに感謝いたします。

ライアーとの出会いで私の音楽の視野も広がり、気づき、そして人とのご縁の大切さに

気づかされることがたくさんありました。

今年後半も、ご縁を感じる演奏の機会を与えていただいた皆様に本当に感謝いたします。

年末に訪れた京都の鈴虫寺の住職がお話しされていたように

「表情豊かな人には、縁が生まれていく」

やわらかな心を心掛けて、良いご縁を大切にしていきたいと思います。

そして、来年は、中高時代からの音楽ユニット「Musica4Tune」の20周年でもあります。

今後も、人の心に寄り添える音楽をめざし、研鑽していきたいと思います。

今年もあと数時間、皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

|

« 12月のコンサートのお知らせ | トップページ | 「ピースな時間」でおいしいランチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 12月のコンサートのお知らせ | トップページ | 「ピースな時間」でおいしいランチ »